スピリチュアルなこと

楽しく生きることを考えるブログ

その日その日、思ったことや、
いろいろ書いてます。

ボチボチ生きてますので
良かったら寄って行ってください

続き

犬が15歳になった時、

歩くのが困難になり出したと父から聞いた


大型犬て゛

15年生きるのは100歳近いらしい、


病院にいくと、

足が一箇所膿んできていた、


そしてその場所から

虫がきてうじがわいてしまっていた、


私は家から

実家に通い、

うじをとったり

寝たきりで床ずれができないように

したりオムツを替えたり

出来ることはしていたけと゛


往復2時間に

介護に帰ってから小さな子供らの

世話や家事で一週間で疲れた


世の中の人間の介護させてる方の

苦労が大変なんだろうなと感じた。


父にも13年犬の世話を任せてしまい、

これ以上、歳行った父に介護をさせてるのは悪いと思ってしまったし、


父から

犬か夜になると

ずっと鳴いてるときいて

うじに肉を食べられてる痛さなんだろうかなと思い



病院から

うじが皮膚に卵を産んでるからうじを取っても取っても出てきますと父が聞いて居たからこのまま

うじが増えて

犬の体が生きたままむしばまわれるのは耐え難いし、

生きても長くないとわかっていたから

麻酔のように眠れる

安楽死のことを聞いて知っていたので、

父に提案して

そうすることにした、


その前に病院に入院させていた時に、

私がみにいくと、

狭いゲージに入れられて


ご飯も食べなかったらしいけど私がいくと手からご飯を食べて病院の

人が驚いていた。


家に返して、

安楽死が決まった日の朝に

行き

父と病院に連れて行った、


それまでもたくさん話しかけてお礼も言って、

病院の部屋には一緒に入れなかった、


父と待合室にいて

病院の先生が

体にはうじが1匹しかいませんでしたと

言われた。

朝に水でたくさん流していたからだ。


父と火葬場に連れて行った。


何年かして、

違う病院に

うじがわいた時の対処法を聞いてみたら

その時は石灰を入れて、、

みたいな方法があると言われた。


江原啓之さんの本にも、

動物は安楽死より

自然に死なせた方が良いと本に書いてあり、


16年待ってた犬の話聞いたり、


犬は人の話をきいて

景色思い浮かべることが出来ると

知って、安楽死される前も、

わかってたのかもしれないと

思い、


後悔を今でもしている、


あの時家には4匹の犬がいて

引き取らなかったし、

それでも

何かもっとできたはずだと、


13年も待ってくれてのに、

私はたった一週間で

犬の最後を決めてしまった後悔。


引き取って

一緒の時間を過ごせば良かったとか、


その時は一軒家に住んでいたから


後から知れば知るほど、

自分の身勝手さを

悔やむ。


犬は純粋だから

短くて二ヶ月、

長くて2年で成仏するらしい


ならばもうしてるはずだ、


今度の8月12日はなくなって10年目の命日だ。


お経をあげて

謝ろう、


ずっと待ってくれてたのに、

最後は酷いことしたこと、

私の状況を理解してくれたかもたけど、

犬に会えて幸せたったことや

感謝してることを

伝えよう


動物にもお経あげれるから

してて良かったと思う。


今でも可愛い

エルの姿が浮かびます、


私の冷蔵庫に

エルの写真貼ってますから。


ありがとう

エル。


あなたを忘れないよ、


私がいつかあの世に行ったときに会おうね


読んでくださり

ありがとうございました

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。