スピリチュアルなこと

楽しく生きることを考えるブログ

その日その日、思ったことや、
いろいろ書いてます。

ボチボチ生きてますので
良かったら寄って行ってください

長すぎる年月の思い

今日は江原啓之さんの

ユーチューブで見てないのを探してみていた、



答えてちょうだいだったかな❓

ずっと前の番組みたいで

河合さんと女の人のアナウンサーの人❓が司会してるやつ。


ある家族の娘さんに

霊の憑依があって、体が痺れたり、

体が動かなくなってた。


江原啓之さんが

いかないといけないと、

霊は江原啓之さん達が行く前から来ることがわかっていると話していた。


まずは霊と対話した。


200年前に

貧乏で、お米が食べれない時代、

育ての親のおばあちゃんに

握り飯を持って行くときに、

男の人に襲われて木に縛られね

乱暴され、川に流されていた。


憑依した家族を苦しめようとは思ってないけど、殺して人には殺してやると思って

その家族に、そう言ってしまったこともあったみたいだ。


江原啓之さんは

家族のお母さんに おにぎりを作ってもらい、

その霊に供えた


そして、殺された女の人とおばあさんを、成仏させた。

二人は嬉しそうに上に行かれたらしい。


その後憑依されてた娘さんも、

体の痺れがとらてうごけていた。


200年も想像を絶する思いだと思う。


江原啓之さんがいなかったら

いつまで苦しい思いをしてたのだろう、


憑依されて人も苦しんでいるし。


その土地が、関係ある土地だったみたいだ。


霊も元は人間だから

人に気持ちわかってもらい落ち着くのだと思います。


誰にも何もわかってもえないって 本当に辛いのだと思います、


たった一人でもいいから

理解してからは人がいたら良いのだと思います。


また殺した人も、

殺してことで相手が200年も苦しむのなら

本当に大罪なことですね。


携帯の打つところが割れていて誤字すみません、


打ちにくいのです


なおすのも面倒なのでそのままです

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。