ボチボチ歩こう

その日その日、思ったことや、
いろいろ書いてます。

ボチボチ生きてますので
良かったら寄って行ってください

3

3.家の流れを変えること。


家の流れの中に、事故災難、病気災難、

癌の家系、離婚、色情因縁、

いろいろあると思います。


私が先祖供養する前に、

聞いた話で、忘れられないのが、

子供が学校に行く時に、交通事故にあった時に

誰が助ける❓と言われたことです。


親は助けられないと言われました。


急に車が来た時に家にいたら

スーパーマンでない限り無理でしょう


先祖が車の間に盾になってる話を聞きました。


私は過去に小学生の時に、交通事故に遭いました。


その時も、もしかしたら

亡くなったおばあちゃんはじめ先祖様がが盾になってくれたから軽症で済んだかもしれません


おばあちゃん達は、先祖供養を熱心にしていた

信仰者でしたから。


私の実家は法華経ではないのですが、

私が生まれる10年前に亡くなった

おばあちゃんとわたしが中学の時に亡くなったおじいちゃんは法華経を熱心にして

離れの家に住んでましたが毎日本家まで

お経を上げに朝夕来てました。


わたしは祖父母達が法華経を

してたのをずっと知りませんでした。


私の会員さんが家に遊びにきて、

仏壇の中に、南無妙法蓮華経の小さな掛け軸みたいなのがあって見つけて私に

教えてくれて親に聞いてはじめて

知りました。


私が法華経につながったのは、

祖父母の徳を積んでくれてたおかげなんだな思います。


また母方も他宗教でありましたが

おばあちゃんと母も徳を積んでいたので、

わたしがとても尊い先祖供養につながれたと

思うのです。


先祖がした行いが私達に影響する、

私達がすることが子孫に影響するならと

思うと責任ありますね。


人間だから過ちも起こします。

謝ってすまない問題もあると

思いますが、時間がかかっても

謝っていく、知らない顔して

生きてるより良いと思うのです。


先祖供養、因縁解決をさせてもらうことは、

家の流れを良くしていくこと。

自分自身も業を消していくこと、

業は取るのに20年かかると言われてますが。


人によって違うと思います。


現世の人達は、

罪に罪を積み重ね、

何かあった時に、なんで私の家に

こんなこと起こるの❓わからずに

教えてもらうことなく苦しみます。


因果応報って言葉があります


何かあった時に、

もしかしたら

反対のことを

いつの時代か誰かにした先祖がいるかもしれない、

自分の前世で誰かにしたかもしれない。


そう思うことで、

謝るチャンスかもしれません。


謝ることは難しい時があります






大なり小なり、

その方が早く順序つくと思います。


誰かを責めても憎んでも、

罪を積むだけなんです。

その罪は、また自分や

子孫にかえるかもしれません。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。